九州で一番学生が集まるコワーキングスペース。電源・Wifi・ホワイトボード完備、飲食自由で 3時間200円から!

福岡・福岡大学前に福大前仕事基地オープン!未来の選択肢の提供を促進

2015年05月11日
新しい何かのリリース

福岡・福岡大学前に福大前仕事基地オープン!未来の選択肢の提供を促進

天神仕事基地が、株式会社UNICS運営の福大前仕事基地と提携! 福岡の若者たちの未来の選択肢が広がる機会、場所、情報の提供をさらに促進!

【報道関係者各位】
合同会社仕事基地(福岡市中央区天神 代表社員:株式会社オールフェスタ 職務執行者:大久保道和)は、2015年5月11日、同社が運営する仕事基地と、株式会社UNICS(東京都中央区八重洲 代表取締役社長:小田憲昭)が運営する福大前仕事基地と提携します。

【リリース概要】
合同会社仕事基地は福岡最大級の学生が集まるコワーキングスペース「天神仕事基地」を中心とした、学生×人材育成の事業領域でサービスを提供する企業です。「天神仕事基地」は2013年9月のサービスリリース以降、口コミによる利用者数を積み上げ、約1年7ヶ月で福岡最大級の学生向けコワーキングスペースへと成長を遂げております。

「グローバル創業・雇用創出特区」として国家戦略特区に認定された福岡市ですが、若者たちにとって起業のハードルは高い上に、支援団体・支援事業を通じても、効果が薄く、アイデアやヤル気のある学生は、東京・大阪へ行ってしまう状況に不安を抱える市にとって、天神仕事基地に集まる意欲の高い若者たちに期待が高まっております。

仕事基地は、スタッフをはじめ、訪れる社会人の方々との触れ合うコミュニティを形成し、「社会を知る」ことに興味を持ってもらい、意欲ある若者たちが活躍できる場所を提供し、延べ1万名以上の利用者数に達しております。

その結果、様々なアイデアや企画を実現できる場所として仕事基地を利用し、強みである東京とのつながりを活かした企画やイベントなどを通じて、情報を得ることで、若者たちの未来の選択肢が広がる機会を増やす環境になっております。

仕事基地の事業領域において、企業等で行う学生の長期インターンシップを支援、IT、コンテンツ等のクリエイティブ関連分野の人材の福岡へのU/Iターンや、企業とのマッチングを行うなどの分野は、今後の成長が見込まれております。福岡市は、2015年度の創業・雇用創出に過去最大のおよそ8,000億円を予算案とし、取り組んでいく考えです。

天神仕事基地は若者たちの未来の選択肢を広げることを通じ、九州の未来を担う若者を育成することをミッションとしております。今回の提携により、特定の大学を限定とした学生向けの拠点として展開することで、学生が集まるコワーキングスペース「仕事基地」の更なる拡充と業容拡大を図ります。

【サービス概要】
現在、仕事基地では学生団体の活動、イベント、IT教育、社会人との触れ合う機会など、様々なコミュニティ活動が行なわれています。今回は、福岡大学前に、「福大前仕事基地」という看板を掲げることで、以下の施策を積極的に進めて行きます。

<施策>
1.仕事基地コミュニティの拠点展開
 双方でプロジェクターを利用した「どこでもドア」を設置。
 各仕事基地から、双方向で話し合える空間をつくります。

2.就活生、学生交流イベントの活性化
 運営各社の人脈、営業活動を経て、有名講師や有名人を呼んだ、
 学生のためにイベントやセミナーを開催します。

3.東京、福岡エリアのインターン、人材、アルバイト情報の提供を共同で実施
 運営各社の持つ、学生たちへの求人、アルバイト情報などを提供することで
 学生生活を効率的に過ごせるようにします。

【今後の展望】
今回の提携により、各大学前への展開を視野に入れ、九州全体での利用者をさらに増やします。また、若者たちへのキッカケをさらに提供する環境が増えることで、起業の一歩を踏み出す人も増え、国家戦略特区が成り立つと考えます。

読みたくなる関連記事